大学のサークルで知り合った美人の彼女とやったんだが、締まり具合がヤバ過ぎて…

オレと彼女と変なおっさんの話を書いてみる。

最初はスゴク重い話になるけど、途中からは明るいエロ話です。

彼女との出会いは大学時代で、同じサークルに所属してたこともあって、何度か一緒に酒を飲む機会に恵まれ、その勢いでセックスをしたことがあった。

セフレとまではいかないけど、片手で数えるのには足りないくらいの回数は体を重ねたと思う。

仮にマドカとします。

初めてヤったときマドカは初めてだった。

そして俺にはマドカとは別に彼女がいた。

マドカは、顔は中の上くらい。

 

決して美人でも可愛くもない気がするが、愛くるしい笑顔が素敵だった。

化粧っけがなくて、いつもスッピンでいるようなとこが好印象で、男にも女にもモテてた。

身長がデカく180くらいあって、胸も最大でIcupのときがあったらしいが、俺と知り合った頃はGcupだった。

それでもまぁ超デカかったけど。

ちなみにデブじゃなかった。

元デブらしいけど。

首から下はワールドクラスとか、当時、仲間内でよくからかわれていた。

 

マドカに彼氏ができて俺とは本当に体の関係だけって感じ。

彼氏は何人か入れ替わった気がするけど、それでも俺との関係は細々と続いてた。

前述したけど、セフレとも呼べないような間柄で、俺としては出会うのが遅かったかなって思うこともあった。

俺も身長が180半ばくらいで、彼女いわく
「私と立ちバックできるのはアンタだけ」
なんて冗談っぽく笑ってた。

身長は俺の方が高いけど、脚は彼女の方が長くて、腰の位置がすごく高かった。

俺でも立ちバックにちょっと苦労してたけど、彼女はソレが好きらしく、フィニッシュはいつも立ちバック。

身長がお互い高かったってことが理由だったのか、体の相性は抜群で、一晩で5~6回ヤったこともあった。